Release 2019.1.30

冬のお供、セラミックファンヒーター

電気ヒーターを買いました。部屋のエアコンを使う程でないけど、寒い時にちょこっと温まるのにちょうどいい製品だったので、ちょろっとレビュー的なことを書こうかと思います。

スペック

 サイズ  176(D)*125(W)*205(H)mm
 重量  1.25Kg
 消費電力  5W/600W/950W
 機能 転倒時自動電源OFF
首振り

Amazonで検索すると、全く同じ形状のOEM? or コピー商品がたくさん出てきます。どれがオリジナルなのか、知る由もありません。

クーポンが出ていて、購入時価格は3900円でしたが、値段はその後も下がってます。800円クーポンがついている商品もあったので、上手く見つけられれば3000円程度で入手できるんじゃないかなと思います。

ただ、本質的に全部一緒だと思いますが、保証を謳っているものを購入することをお勧めします。AmazonPrimeがついているものが 安牌かなぁと思います。

外観

スイッチ類が最小限のシンプル仕様。黒なのでインテリアとしても邪魔になりません。

サイズもコンパクトです。シーズンオフでしまっておく時も邪魔にならなさそうです。後部に取っ手穴があるので、持ち運びもラク。

コンセントは取り外しができるタイプではないので、ちょっと邪魔です。また、断線するとそれで終わりなので、接触不良が起きないようケーブルの折り曲げには注意しないといけません。

使用感想

このサイズでありながら、かなりしっかりした熱風が出ます。10秒ぐらいで熱風が出てくるので、外から戻ってすぐ使えるというのが有難いです。

結構な熱風が出ます。この距離では熱すぎ

ただ、サイズだけに、熱風の効く範囲は30〜70cm程度かなと思います。小一時間も点けていれば、6畳程度の部屋ならある程度暖かくなってきますが、「足元に置いて下半身を温める」使い方になるかと思います。

首振り機能がついています。

温風範囲からして近くに当たってないとダメなので、自分的には、あんまり使う機会がなさそうな気がします。むしろ、これよりタイマー機能か、人体感知センサーでもつけてくれれば良かったのになぁと思います。

稼働状態はLEDで分かります。

FAN(送風) 温風(高) 温風(中)

このLED、デザイン的にはいいんですけど、見下ろす体勢だと視認しにくいです。足元に置く使い方だと、ちょっと…という感じがします。

温風の強さを切り替えられますがファンの速度変化は無いので、体感的にはそこまで大きな違いを感じません。ワットモニターで見ると、“中”で700Wほど。“高”は1000Wを超える時もあるという感じでした。

参考で最近のエアコン電力を見てみたら、8畳用でも1kWを超えないので、本格的に部屋を温めたいなら、そちらを探す方が堅実です。

ただ、送風のみの状態だと5Wだったので、夏場に簡易扇風機(サーキュレータ)として流用する事も出来ます。あ、「首振り機能」ってそういう用途のためか。ちなみにファンの音はそれなりにします。空気清浄機“中の音”というくらい。

他の不満点として、安全装置が付いているんですが、かなり敏感でちょっと揺れるだけで止まってしまいます。弾みで軽く足が当たってしまっただけでも反応するし、LEDを見ようと本体をやんわり持っても反応します。もちろん揺れやすい場所では使い物になりません。安全なのかもしれませんが、もう少しスマートなら嬉しいんですけど。

もう一点、電源をOFFにしても、放熱でクールダウンさせるためにしばらくFANが動いているので、切れたのかどうか分かりづらいです。そのため再度電源をつけてしまう事もたまにあります。

 

と、いろいろ不満を書いてしまいましたが、「安いのには理由がある」と踏まえたうえでも、現状では十分に満足しています。この商品のいいところは「安い」「早い」「持ち運べる」といったところ。

耐久性が未知数ですが、とりあえず、2シーズンぐらい持ちこたえてくれたらトントンかな、と割り切って使ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください