Release 2017.2.7 / Update 2018.3.21

(日本語) Fusion Tutorial 05 :次元ワープ

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

SF映画やドラマでよくある宇宙空間のワープとかタイムスリップする時の表現。Fusionだと内蔵のジェネレータだけでもそれなりに再現出来ます。

今回はそんな時空を駆け抜ける映像を簡単に作って見ます。

時間設定

ルーラーで時間枠を90フレームに設定

素材の作成

“FastNoise” Tool

空間を駆け抜けるベースイメージを用意します。

“Tool”を呼び出すにはShift+Spaceです。

Noise タブ

  • Detail 「10.0」
  • Scale 「12.0」

Color タブ

  • Color1 R 「0.0」、G 「0.0」、B 「0.7」、A 「1.0」

“Shape3D” Tool

3次元オブジェクトの「筒」を作り、表面にベースイメージを貼り付けます。

ノード : “FastNoise” Tool → “Shape3D” Tool

Controls タブ

  • Shape 「Cylinder」
  • Height 「150」
  • Subdivision Level(Base) 「200」
  • Subdivision Level(Height)「200」

このオブジェクトを中から覗き込むと形が見えてきます。カメラのセッティングを楽にするため横に倒しときます。

Transformations タブ

  • Z Offset「-70.0」
  • X Rotation 「90.0」

空間を構成

“Merge3D” Tool

3D ToolをまとめるためのMergeツールを用意します。前述のShape3Dを接続。

ノード : “Shape3D” Tool → “Merge3D” Tool

“Camera3D” Tool

Mergeに接続。Viewに“Merge3D”を投げ込んで“Camera View”を表示。

ノード : “Camera3D” Tool → “Merge3D” Tool

ランダムな模様のベースイメージを、貼り付けた「筒」を中から覗き込むことで、ワープ空間ぽいイメージに出来ました。後はベースイメージをアニメーションするだけなんですけど、その前にひとつアクセントをつけます。

加工&アニメ

「筒」自体をグニャっと曲げて、カーブする感じを出します。

“Bender3D” Tool

“Merge3D”ノードの前にToolを足します。スペースバーを押しながらライン上にドラッグすると、自動的に入出力が繋がります。

ノード : “Shape3D” Tool → “Bender3D” Tool → “Merge3D” Tool

Controls タブ

  • Amount「0.4」
  • Axis「Z」
  • Center「1.0」
  • Range Min「0.74」
  • Range Max「0.9」

Rangeの範囲だけを歪ませることで湾曲させます。ここで変な形になってしまう人は元のShape3Dの“Subdivision Level”が0か低い状態です。つまり、このBender3Dはオブジェクトの分解能(Subdivision Level)に沿って歪むので注意してください。

“Transfrom” Tool

ベースイメージをアニメーションさせます。前回のEdgesを適用することで簡単にループアニメになります。

“Transform” Toolは“FastNoise”の直後のノードとして挿入します。

ノード : “FastNoise” Tool → “Transform” Tool → “Shape3D” Tool

スペースバーを押しながらライン上にドラッグすると、自動的に入出力が繋がります。

Edges「Mirror」

Ruler「0フレーム」でCenterをAnimate

Center「X0.0、Y0.0」

Ruler「90フレーム」へ

Center「X0.0、Y1.0」

更に空間内をぐるぐるカーブする感じを出したければ、“Bender3D”のAngle・Rangeもキーフレームをつけてください。

イメージ変換

“Renderer3D” Tool

2Dイメージに落とします。

ノード : “Merge3D” Tool → “Renderer3D” Tool

工程はこれで完成です。動画ファイルに書き出したければ“Saver” Toolを使ってください。

“Camera3D”のX-Y Rotationなど、他のツールもアニメーションさせれば操縦しているようなふらつきも表現出来ます。

ベースイメージへ更に手を加えたり素材自体を変更すれば、印象や世界観をガラッと変えることもできます。色々自分になりに手を加えて応用してください。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.