Release 2018.11.28

浜松で出会った現地のphở

ベトナムに行ったことがあるので、「ベトナム料理店」とか「フォー」ってあると、ついつい気になって入ってしまいます。なんですけど、日本で食べるphởって何か違和感があるんですよね…おいしいとは思いますが。そして“オシャレなご飯”の位置づけに持って行こうとしてる感もあります。おっさんが入りづらい(苦笑)。

でも、まあ、食材も違えば、気候も環境も違うのでしょうがないものなのかなぁと。あの暑くて雑多な環境で食べる米粉麺には独特の思い出があります。

と、浜松の街中で新しいベトナム料理店を見つけたので、ちょろっと入ってみました。そしたら今までにないくらいの「ベトナム感」があるphởが出てきてビックリしました。

今回食べたphở ガー(鶏肉)。ちなみに冒頭写真のphởは一昨年ホーチミンで撮ったもの。

何がって、目の前にお膳が運ばれてきて匂いを嗅いだ途端、旅行に行った時の思い出が一気にフラッシュバックしたんですよね。初めての経験です。味も、近い近くないとかじゃなくて、ベトナムで食べてた印象と全く一緒でした。料理に疎いので「これが使われているから」みたいな言い方が出来ないのが悔しいところです。

phở ガーとチャーハンのランチ 830円(税別)

とにかく、「なんだ、日本でも同じに出来るんだ」と。今まで入った日本のベトナム料理店は、やはり日本寄りにローカライズされた味だったんだなぁとしみじみ思いました。

いかにもアジアンテイストのベクトルなので、免疫のない方は好き嫌いが強く出るかもしれませんし、当たり前ですが“日本の価格”です(笑)。でも、ベトナムに戻った感じを味わいたい人には、ココのphởをオススメしたいですね。

Niêu quán ベトナム料理店

五社神社を下り、大手通りにぶつかる手前にあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください