Release 2017.4.28 / Update 2017.6.18

Youtubeの規約が

自分のYoutubeチャンネルを一応収益化していたんですが、4月7日から急に統計が出なくなってました。元々、誰もが再生したくなるような動画をアップしてたわけじゃなく、「収益」と言える額でもなかったので、気づかなかったです。で、グラフの落ち方が異常だったので、ちょっと調べてみると、

スポンサーリンク

日本版 YouTube クリエイター ブログより
多くのクリエイターにとって、YouTube は単に作品を披露する場所ではなく、収入を得られる手段にもなっています。2007 年にYouTube パートナー プログラム (YPP) が開始されて以来、YouTube に掲載した動画から収益を受け取るクリエイターの数は増え続けています。一方、こうした成長に伴い、第三者によるオリジナルコンテンツの再アップロードなどの行為も見られるようになりました。YouTube では、クリエイターの収益が守られる仕組み作りの一環として、なりすましチャンネルの報告機能を提供するなど、ポリシーに違反するチャンネルの停止を進めています。さらに本日、よりクリエイターに正しく収益が分配されるよう、YouTube パートナー プログラムの参加条件を一部変更します。
本日より、チャンネルの合計視聴回数が 10,000 回に満たない YouTube パートナープログラム参加チャンネルの動画には、広告が配信されないことになりました。チャンネルの運用開始から収益化までに一定の期間を設けることは、収益化の妥当性を判断することに役立ちます。さらに、収益化しようとしているチャンネルが広告主に適したコンテンツのガイドラインおよびコミュニティ ガイドラインに則しているかどうかを確認できるようになります。なお、本日までに獲得された収益への影響はありません。

 

どうも、「数字出せてないチャンネルは取引に値しない」と敷居が上がったわけですね。人気のYoutuberや既に到達している人には関係ないんでしょうが、自分がちょうどこの宙ぶらりんな状態にハマってた、と。

結構ハードル上げた感がありますが、それだけYoutube利用者が増えたって事なんでしょうね。「誰でも易々と相手にするわけじゃないよ」と。

もう少し動画増やそうかなと思ってたのに、その前にケツをガンって叩かれた感じで(笑)。逆にやる気削がれてしまった感じです。

あまのじゃくですね。まあ、マイペースで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA