うどん 四国屋

学生時、学校が東京の中野坂上で、住んでいたアパートは東高円寺でした。もう15年以上昔になりますが…。そんなわけで界隈で気になるお店をよく探っていたものです。

スポンサーリンク

新中野の鍋横先にあった讃岐うどんの「四国屋」もそんな中で発見したお店です。

最初は何回昼間に寄っても開いてなくて、「もう店じまいしてるのかな」なんて諦めてた感じでした。それがある日、終電を逃して坂上から東高円寺まで歩いて帰ることになったとき、開いてたんです。つまり夜営業のうどん屋さんだったんです。

吸い込まれるように入店して初めて食べた時、「なんだこれは」って思いました。当時は讃岐うどんなんて今ほど認知度がなかったし、それ以前に浜松で食べてたうどんなんて基本的にふにゃふにゃだったからです。というか今でも上の世代では柔らかいうどんを好む人もいるくらいなので。

そういうことで、最初はあまり良い印象がなかったんですけど、何か引っかかるものがあったのと、徒歩で帰宅することも良くあったので、何度か足を運びました。そして、3度目くらいの時に「これがおいしいのかも」と気持ちがひっくり返りました。

そう、うどんにコシ、はこの「四国屋」に教えてもらったんです。でも、東高円寺に住んでいたときは行ってたんですけど、住む街を変えたりしてからは次第に疎遠になって、今に至りました。

そんな思い出が蘇って急に懐かしくなり、新宿で飲み会があったので、思い立って久しぶりに行ってみました。

当時は住宅街から抜けた路地から行っていたので、唐突に明るい所に出るのが不思議な感じで魅惑的でした。でも、今は丸の内線「新中野」から下車して向かいます。セブンイレブンが目印です。並びは変わらないですね。

僕の思い出の中では店内はもっと綺麗でしたが、15年の歳月で年季の入った風格になっています。当たり前ですけど。

お通し的にお新香を出してくれるので、ビールも頼みたくなる感じです。

思い出にある「きつねうどん」にしました。綺麗なつゆで見た目からそそります。飲み食いした後なんで、基本満腹なんですけどね。

久しぶりに食べた思い出のうどんですが、昔ほど噛み応えをかんじません。でも、多分味が変わったわけじゃなくて、自分がコシのあるうどんに慣れたからです。今の感覚で素直に「おいしいな」と思ううどんです。

讃岐の人たちはちゃんと打たれたコシのあるうどんに対して「エッジが立ってる」なんて表現をするそうですが、ここのうどんも違わずそうなっています。

そしてつゆ。これがめちゃくちゃおいしい。レンゲですくうのが止まりません。きつねの甘だれとあいまった複雑さ、深みで中毒になりそうです。確か当時、いろいろ食べてみようとしてたけど、いざ入店したらきつね系にしてしまって、他の注文してなかったんですよね。忘れてたんですけど、多分これが引っかかって通ってたんだと思います。

情報を調べると営業時間が23時までとなっているので、タイミングが難しいですけど、機会が作れたらまた行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA