Release 2017.6.18 / Update 2018.3.15

(日本語) WordPress備忘録 テーブルの枠線を消す

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

主に自分のためのWordpressカスタマイズ情報。

“Twenty-fifteen”テーマを使っていると、「テーブル」の枠線が強制的に表示されてしまって勝手が悪い。縦と横にそれぞれ「透明」設定していかないと、全ての枠線を消すことができない。そこでCSSを使い、タグ1発で枠線をなくせるようにする。

通常利用での問題

「ビジュアル」編集画面でメニューの「テーブル」から“テーブルの作成”を選び、ドラッグでテーブルサイズを指定。

セル上で右クリックすると、「セル」の“セルのプロパティ”を選べるので、個別にセル設定が出来る。

一括でやる場合はメニューから「表のプロパティ」で可能。

HTMLタグで「線なし」を指定する

「プロパティ」の“詳細”タブで、HTMLタグのstyle指定が出来る。

が、しかし、これだけでは線の一部しか消えない。

全てを消すにはそれぞれの<td>タグにも“border:none;”のスタイルを追記する必要がある。

Twentyfifteenのテーマでは、テーブルの枠線表示設定が個別に指定されているために起こるらしい。

CSSで「線なし」ひな形を作る

もっと簡単に線を消すためCSSでクラス属性を作る。

カスタムCSSにコードを作成

「外観」の設定内にある「カスタムCSS」というファイルへ、「線なし」ひな形を追記。

サーバによってこういったファイルをセキュリティ上、手軽に扱えないようにしている場合がある。自分の場合、loli-pop のレンタルサーバで、WAFというファイヤーフォールがデフォルトで有効になっていたため保存できなかった。一時的に無効にすることでカスタムCSSファイルが保存可能(終わったら有効に戻すのを忘れずに)。lilipopでの一時的解除方法はここ

クラス属性の名称を設定。名称は任意。ここでは“b_less”。

クラス属性を指定

あとはWordpress上の編集で、線を消したい「テーブル」へクラス属性を付け足すだけ。これでテーブル全体の線が非表示に。

 

現状だと、PC以外のレイアウトでは上手く消えない時がある模様。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.