Release 2016.8.22 / Update 2016.12.31

Amazonで買った格安Arduino互換機

Amazonではいろんなモノが手に入りますが、怪しい商品も多々あります。いわゆるコピー製品的なもので、

値段はかなりお安いです。でも、本物と機能がどれだけ差があるか、ていうかちゃんと機能するのかっていう不安の中、勇気を出してポチします。

そんな中で、不安を緩和してくれるのがレビューなんですが、その評価を見て大丈夫そうだと思ったので、気になっていたものを買ってみました。

Arduino Nano互換機も買ってみました。(2016/11/17追記)

本稿は動作の確認を書いているもので、使用の保証をしているわけではありませんのであしからず。自己責任でお願いします。

EasyWordMall UNO R3開発ボード

DSC_2374

400円ちょっと(2016.8現在)でArduinoUNO互換機が手に入ります。正規品は3000円くらいなので、かなり安いです。例のごとく、こういうものは海外発送なので数週間かかるはずですが、1週間足らずで届きました。

早速開けて見ると、遠めでは綺麗です。でも、表面にロウみたいな汚れがついていて、何か触りたくない感じです。

DSC_2371

まあ、とりあえずUNOと同じように動作すれば見た目とかは気にしないので、早速動作確認してみます。

動作チェック

本体と30cmのUSBケーブルが付属してくるんですが、レビューだと不良品だったとの声もあったので、普段使っているUSBケーブルでPCと接続しました。環境はWindows7です。

が、つないだところで認識しません。OSの方でドライバを探しに行くのですが、見つけてくれません。そしてIDEでも反応してません。デバイスマネージャとか、IDEのボードマネージャとか色々調べて試してみたんですが、無反応です。

「ああ、不燃ごみ買ってしまった…」と一瞬あきらめてしまったんですが、もう一度Web検索して見ると、こんな記事を見つけました。

ネクストステップ サポートBlog 「CH340Gデバイスドライバー

どうやら正規品とUSBドライバが違うので、対応したドライバを入れる必要があるようです。紹介されているサイトは中国語でちょっと不安もありましたが、満を持してダウンロード、インストールしてみました。

すると、ちゃんとCOMポートに認識されました。

Windows Driver
Mac Driver

問題なく動作はするけども

その後、Lチカして、簡易シュウォッチゲームとか入れてみましたが、全く問題ありませんでした。全部は確認していないですが、ほぼ、UNOと同じように扱えるんじゃないでしょうか。

ただ、Macでは認識しませんでした。なにかしら方法はあるはずなんで、分かったらまた記事にしようと思います。

その記事はこちら 「続・格安互換機」

結論。やはり、初めてArduinoを触る人は絶対純正品を買うべきで、こういうのはこなれてきた後の2台目以降で手に入れるべきです。自分が初めてのarduinoこれだったら断念してたかも…。

DSC_2373

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA